カラーコーディネーター検定試験
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
カラーコーディネーター検定試験 参考書のページは、こちらへ
( このページは、過去問のページです )
◆ 生活食品試験 ブログ

ダウンロード / カラーコーディネーター検定試験の過去問と解答
◆ 過去問のブログ
◆ 参考書のブログ
カラーコーディネーター検定試験の過去問と解答が、
                 試験機関のホームページより、ダウンロードできます。

受験 資格 フリーソフト
○ カラーコーディネーター検定試験 解答
スポンサーリンク
総合 TOP ページ
Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

カラーコーディネーター
過去問題と解答速報
・生涯学習のユーキャン
・パワーステーション

カラーコーディネーター
検定試験の日程
カラーコーディネーター検定試験の受験を応援/過去問題と解答速報/参考書ランキング
カラーコーディネーター検定試験の対策ツール/色彩能力検定、色彩検定、ファッションコーディネーター/ファッション色彩、商品色彩、環境色彩/過去問題と解答例/おすすめ参考書と問題集テキスト/合格解答速報と掲示板/がんばれメールで受験を応援/参考書ランキング
● 2級・3級試験

○申込受付
   4月上旬〜5月上旬
○試験日
   6月中旬
○合格発表
   7月中旬


● 1級・2級・3級試験

○申込受付
   9月下旬〜10月下旬
○試験日
   12月上旬
○合格発表
   1月中旬・ 2月上旬
………………………………………………………………………………………………………
【 過去出題問題のサンプル 】
カラーコーディネーター検定試験
2011年度 3級試験問題 抜 粋
次の文中の[ ]の部分に、下記の選択肢から最も適切な番号を選び、解答用紙の所定欄にその番号をマークしなさい。

色が見えるためには、光があること、眼が働いていること、見るべき対象物があることの3つの条件が必要である。光は[ア]なエネルギーの一種である。色を正しく計測するための光は[イ]と呼ばれる。人の視感覚の特性を[ウ]して定めたものは[エ]と呼ぶ。[ア]には同じ特性を持つ色が背景の色の違いによって異なって見えることもある。その現象の一つとして[オ]があげられる。

[語群]

[アの語群]  (1) 心理的     (2) 物理的     (3) 生理的
[イの語群]  (1) ベースライト  (2) 計測光     (3) 標準イルミナント
[ウの語群]  (1) 最大化     (2) 電子化     (3) 平均化
[エの語群]  (1) 標準観測者   (2) 最大視感値   (3) 量子化視感値
[オの語群]  (1) プルキニエ現象 (2) マッハ効果   (3) 対比現象

答え [ア](2) [イ](3) [ウ](3) [エ](1) [オ](3)
・試験概要のページへ

カラーコーディネーター
検定試験の合格率
試験合格者数/実受験者数
 = 合格率%
スポンサーリンク
第20回

2級 1,690 / 4,360 = 39%
3級 4,250 / 6,770 = 63%

第21回

1級  380 / 1,800 = 21%
2級 2,150 / 6,030 = 36%
3級 5,010 / 9,170 = 55%
第22回

2級 1,080 / 3,980 = 27%
3級 3,660 / 6,590 = 56%

第23回

1級  220 / 1,530 = 15%
2級 1,920 / 5,320 = 36%
3級 5,050 / 8,230 = 61%

カラーコーディネーター
検定試験の概要
………………………………………………………………………………………………………
 社会やマスコミに、ネット上に、店やウインドウに、私たちを取り巻くすべての場所に今や色彩が満ちあふれています。今日、色彩に目をつぶったり、その発言に耳を閉ざしては生活できません。色彩はたえず見えて、語りかけます。赤や緑の色彩がある。それだけで私たちは楽しくなれます。黄や青が私たちの気持ちを表してくれます。強い色、弱い色の違いが、気持ちを元気づけ、心にうるおいを与えてくれます。食べ物に栄養価を考えるように、色彩もコントロールできるのです。
 どんな色が好まれるのか。対象の条件に目的に、もっとも適合する色とは。商品のもつ色彩的特性は。快適な行動空間を演出できる色とは。現代が抱える色彩の問題すべてに答えられる人。
 色をつくる、見せる、演出して、色彩の魅力を引き出す人。それがカラーコーディネーターです。
2011年度 2級試験問題 抜 粋
次の文中の[ ]の部分に、下記の選択肢から最も適切な番号を選び、解答用紙の所定欄にその番号をマークしなさい。

・流行色とは時代の流れに従って[ア]に分類される。
・fashionの語意としては[イ]がある。
・[ウ]欲求は他人と異なることによって自己顕示欲をみたすとか、他のものやことに先行して
 獲得したいという意向から生まれる欲求である。
・流行色は一時的な社会慣習であるが、その変化過程は[エ]で分類することができる。
・流行するであろう色を予測するためには[オ]の結果が重要なポイントとなる。

[語群]

[アの語群]  (1) 流行しない色、やや流行する色、流行する色
         (2) 流行した色、流行している色、流行するであろう色
         (3) 流行可能な色、流行不能な色、流行不全な色
         (4) 流行すべき色、流行させたい色、流行しなければいけない色

[イの語群] (1) 物理的側面と心理的側面   (2) 時代的側面と経済的側面
   (3) 地域的側面と階級的側面   (4) 全体的側面と部分的側面

[ウの語群] (1) 顕在    (2) 変化    (3) 同調    (4) 個別化

[エの語群] (1) 品物の種類    (2) 流行の時期
   (3) 人々の採用するタイミング (4) 人々の欲求の程度

[オの語群] (1) 生活者がどのような欲求に応じて行動しているか
   (2) 企業がどよのうな判断基準に応じて行動しているか
   (3) 権力者がどのような規範に応じて命令しているか
   (4) 購買者がどのような金銭基準に応じて購買しているか

答え [ア](2) [イ](1) [ウ](4) [エ](3) [オ](1)
………………………………………………………………………………………………………
− END −