資格試験たより TOP
福祉系・医療系 >  社会福祉士試験
◆ 福祉系試験のブログ
社会福祉士試験
◆ 過去問のブログ
◆ 参考書のブログ ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ダウンロード / 社会福祉士試験の過去問と解答

受験 資格 フリーソフト
社会福祉士試験の過去問と解答が、
                 試験機関のホームページより、ダウンロードできます。
総合 TOP ページ
○ 社会福祉士国家試験 問題
Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
………………………………………………………………………………………………………
スポンサーリンク

社会福祉士 解答速報
・生涯学習のユーキャン
・やまだ塾

社会福祉士試験の日程
社会福祉士試験の受験を応援/過去問題と解答速報/老人障害者児童福祉と介護援助
○願書売出
   8月中旬〜10月上旬

○申込受付
   9月上旬〜10月上旬

○試験日
   1月下旬

○合格発表
   3月下旬

○試験地
  北海道 青森県 宮城県
  埼玉県 千葉県 東京都
  神奈川県 新潟県 石川県
  愛知県 京都府 大阪府
  兵庫県 岡山県 広島県
  香川県 福岡県
  鹿児島県 沖縄県

○試験機関
 (財)社会福祉振興
         試験センター
 〒150-0002
 東京都渋谷区渋谷1-5-6
 TEL:03-3486-7521
   03-3486-7559 音声案内
社会福祉士試験の資格試験対策ツール/老人福祉、障害者福祉、児童福祉と介護援助/過去問題と解答例/おすすめ参考書と問題集テキスト/合格解答速報と掲示板/参考書ランキング
………………………………………………………………………………………………………
【 社会福祉士試験 過去出題問題のサンプル 】
平成23年度 午後問題 抜 粋
社会調査の基礎

【 No. 81 】   正解 : 3

調査手法としての面接法に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。
1.深層面接は、主として臨床心理学の領域において使用されるものであり、社会調査に
  おいでは使用されない。
2.フォーカス・グループインタビューは、あるテーマについてインタビュー参加者の合意形成
  に至ることを目標とする。
3.アクティヴ・インタビューでは、回答者を単に情報を収集する対象とみなすのではなく、
  相互行為によって意味を積極的に作成する者としてとらえる。
4.半構造化面接は、構造化両者と非構造化面接の中間に位置するあいまいな方法である
  ため、質的調査においでは原則として用いない。
5.ライフストーリー ・インタビューは、標準化された質問紙を用いて、回答者の人生の客観
  的事実について明らかにすることを目標とする。

相談援助の基礎と専門職

【 No. 89 】   正解 : 5

複合的な課題をもつ家族への相談援助に関する次の記述のうち、最も適切なものを一つ
選びなさい。
1.課題を個々の家族負の次元でとらえ、個々人に焦点を当てたサービスを捷供する。
2.家族の問題をこれ以上悪化させないため、第一次予防の活動に焦点化する。
3.既存のサービスで充足できない新しいニーズへの対応については、行政に任せる。
4.単一の専門職で構成されたチームに重ねることで、家族支援の専門性を高める。
5.フォーマルなサービスとインフォーマルな資源を組み合わせ、継続的な対応を行う。

相談援助の理論と方法

【 No. 107 】   正解 : 4

ソーシャルサポー トネットワークを活用した支援に関する次の記述のうち、適切なものを一つ
選びなさい。
1.インフォーマルなサポートよりもフォーマルなサービスの機能に着目し、それを活性化しよ
  うとするものである。
2.第一義的な目的は、ソーシャルサポー トを提供する組織間のつながりを強めて、効果的
  に連携できるようにすることである。
3.ソーシャルサポートネットワークをアセスメントする場合は、利用者の主観的な意見にとら
  われず、客観的にとらえる。
4.ソーシャルサポートネットワーク形成の方法として、自然発生的ネットワーク内に関与する
  場合と、新しい結びつきをつくる場合がある。
5.ソーシャルサポートの機能は、個人の情緒的支援をするのではなく、政策レベルでの
  サポートを実現しようとするものである。

福祉サービスの組織と経営

【 No. 112 】   正解 : 2

特定非営利活動法人制度に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。
1.特定非営利活動法人は、その主たる目的を、宗教の教義を広める活動とすることはでき
  ないが、政治上の主義を推進する活動とすることはできる 。
2.特定非営利活動法人の社員(法人の構成員)は、10名以上であるとともに、社員の資格
  の得喪について不当な条件を付さずに、加入脱退の自由を保障する必要がある。
3.特定非営利活動法人の業務は、定款で社員総会の決議によるとしたものを除き、すべて
  理事会の決議によって行う。
4.特定非営利活動法人の理事は、当該法人から報酬を受け取ることはできない。
5.特定非営利活動法人が解散する場合、残余財産は、法人の開設者に帰属させることが
  できる。
・試験機関のページへ
スポンサーリンク
………………………………………………………………………………………………………
高齢者の対する支援と介護保険制度

【 No. 120 】   正解 : 2

「指定介護老人福祉施設の人員、設備及び運営に関する基準」における生活支援に関する
次の記述のうち、適切なものを一つ選びなさい。
1.施設サービス計画の作成に当たっては、施設内でのサービスを利用した計画とし、当該
  地域の住民による自発的な活動によるサービスの利用は含めない。
2.施設サービス計画を担当する介護支援専門員は、施設サービス計画の原案の内容を
  入所者又はその家族に説明し、文書により入所者の同意を得なければならない。
3.入所者の希望があれば、入所者の負担によって、当該指定介護老人福祉施設の従業者
  以外の者による介護を受けることができる。
4.入所者には個々の生活支援を中心にサービス提供すべきなので、必ずしもレクリエー
  ション事業に取り組む必要はない。
5.入所者が日常生活を営むのに必要な行政機関等に対する手続きは、入所者本人又は
  家族が行うことに困難があっても代わって行ってはならない。

障害者に対する支援と障害者自立支援制度

【 No. 131 】   正解 : 3

障書児支援に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。
1.自立支援医療の一つである育成医療の支給認定の有効期間は、2年間である。
2.情緒障害児短期治療施設は、日常生活における基本動作の指導、独立自活に必要な
  知織技能の付与又は集団生活への適応のための訓練を行う施設である。
3.15歳以上の障害児から重度訪問介護の申請があった場合、児童相談所長が利用する
  ことが適当であると認め、市町村長に通知した場合、障害児であっても障害者の手続き
  に沿って支給の要否が決定される。
4.都道府県は、障害児の保護者から補装具費の申請があった場合は、所得の状況に関係
  なく、補装具の購入の必要があると認められたとき補装具費を支給する。
5.障書児の保護者から、行政援護ゐ申請があった場合、障害者と同様に、市町村は障害
  程度区分の認定を行い、区分2以上の障害児を対象とする。

児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度

【 No. 140 】   正解 : 1

児童扶養手当に関する次の記述のうち正しいものを一つ選びなさい。
1.児童扶養手当の額の水準は、母と子ども1人の世帯の場合、全部支給と所得等に応じて
  細分化して定められた一部支給とからなる。
2.児童扶養手当の支給対象は、子どもが20歳に達する日以後の最初の3月31日までと
  なっている。
3.児童扶養手当は、児童を監護しない親からの養育費の確保が受給の要件となっている。
4.児童扶養手当は、父又は母の死亡について支給される公的年金と併せて給付を受ける
  ことができる。
5.児童扶養手当は、婚姻によらないで懐胎した子が、子の父親に認知されると手当が停止
  される。

就労支援サービス

【 No. 143 】   正解 : 4

日本国憲法が規定する勤労に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。
1.憲法は、国民は勤労の義務を負うと規定しているが、勤労の権利を有するとする規定は
  ない。
2.憲法は、貸金、就業時間に関する基準を明記している。
3.憲法が規定する勤労者の権利は、団体交渉権、団体行動権の2つである。
4.憲法は、児童はこれを酷使してはならないと規定している。
5.憲法は、男女同一賃金の原則を明記している。

社会福祉士試験
社会福祉士試験

社会福祉士の業務内容
 社会福祉士は別名ソーシャルワーカーとも呼ばれ、高齢者・障害者とその家族・関係者に対して福祉の相談・指導などを行う、福祉系の中でも社会福祉士の資格自体に独占業務はありませんが、公的機関や民間の福祉サービスにおいて先導的な役割を果たすための信頼・専門知識を得るために社会福祉士資格は大きく役立ちます。

社会福祉士試験の内容

  就職先は各種の福祉施設(老人ホームや障害者福祉施設など)や行政機関、民間の福祉企業など。福祉の相談員・指導員として働くほか、ケアマネージャー(介護支援専門員)として現場に出る道を選ぶこともできます。社会福祉士の資格は福祉系に就職する際には有利です。

 試験科目は13科目…社会福祉原論、社会保障論、社会福祉援助技術、公的扶助論、地域福祉論、介護概論、老人福祉論、障害者福祉論、児童福祉論、心理学、社会学、法学、医学一般。

介護保険 フリーソフト集
■ 介護保険 フリーソフト
■ 医療病院 フリーソフト
■ 健康ダイエットのフリーソフト

社会福祉士試験の概要
………………………………………………………………………………………………………
スポンサーリンク
 社会福祉士とは、社会福祉業務に携わる人の国家資格です。社会福祉士は、専門知識、技術をもって、心身や環境上の理由から、日常生活を送るのに支障がある人たちの相談にのり、助言、援助を行う社会福祉業務に携わる人の国家資格です。

 社会福祉士は、特別養護老人ホーム、在宅介護支援センター、医療施設、児童福祉施設、身体障害者福祉施設、生活保護施設、知的障害者福祉施設、婦人施設、社会福祉施設などで働きます。高齢者や障害者、生活困窮者など、日常生活を送るのに支障がある人たちの相談にのり、助言、援助を行います。

 社会福祉士の学科(多肢選択式)試験の内容は、人体の構造と機能及び疾病、心理学理論と心理的支援、社会理論と社会システム、現代社会と福祉、地域福祉の理論と方法、福祉行財政と福祉計画、社会保障、低所得者に対する支援と生活保護制度、保健医療サービス、権利擁護と成年後見制度、社会調査の基礎、相談援助の基盤と専門職、相談援助の理論と方法、福祉サービスの組織と経営、高齢者に対する支援と介護保険制度、障害者に対する支援と障害者自立支援制度、児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度、就労支援サービス、更生保護制度などについて問われます。
− END −