>  不動産鑑定士試験
資格試験たより TOP
法律資格 TOP
◆ 建築不動産試験 ブログ
不動産鑑定士試験
◆ 過去問のブログ
◆ 参考書のブログ ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
不動産鑑定士試験 参考書のページは、こちらへ
( このページは、過去問のページです )

受験 資格 フリーソフト
スポンサーリンク
総合 TOP ページ
Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産鑑定士 解答速報
・TAC
不動産鑑定士試験/過去問題と解答速報/おすすめ参考書と問題集テキスト
・LEC
不動産鑑定士試験の資格試験対策ツール/協会評価基準の解説/行政法規・鑑定理論・民法・会計学・経済学の講座/過去問題と解答例/おすすめ参考書と問題集/合格解答速報

不動産鑑定士試験の合格率
………………………………………………………………………………………………………
■ 不動産鑑定士試験の概要
試験合格者数/実受験者数
 = 合格率%

短答式試験
H18 1,100 / 4,600 = 24%
H19  840 / 3,510 = 24%

論文式試験
H18   90 /  910 = 10%
H19  120 / 1,160 = 10%
 不動産鑑定士とは、公認会計士試験と並んで3大国家試験の一つ。余り一般的には聞かないが相続税路線価評価、固定資産税評価、公示価格、基準地価格の評価など、評価として一般生活に密接な関連性が高い資格です。
 不動産鑑定士の業務場所は、不動産鑑定事務所が大半ですが、信託銀行などの金融機関、不動産会社、建設・土木会社などもあります。不動産鑑定士の約7割が不動産の取引が活発な大都市圏で活躍しています。定期的な鑑定評価として、国や都道府県が行う地価公示や地価調査、相続税・固定資産税の評価。その他個人や法人が不動産を売買、賃貸借等する場合に客観的な適正価格が知りたい場合やコンサルティングをしてほしい場合にこれらを鑑定したりアドバイスしたりする仕事なども行ないます。

 不動産鑑定士試験の内容は、次の通りです。

 短答式試験(マークシート)については、不動産に関する行政法規として土地基本法や都市緑地法、不動産の鑑定に関する理論として不動産鑑定評価基準及び不動産鑑定評価基準運用上の留意事項などについて問われます。

 論文式試験については、民法から、借地借家法、建物の区分所有等に関する法律
(民法典第1編から第3編を中心に第4編及び第5編並びに次の特別法を含む。)が出題されます。経済学からは、ミクロ及びマクロの経済理論と政策論、会計学からは、財務会計論(企業の財務諸表の作成及び理解に必要な会計理論、関係法令及び会計諸規則を含む。)が出題され、不動産の鑑定に関する理論からは、不動産鑑定評価基準及び不動産鑑定評価基準運用上の留意事項が出題されます。
スポンサーリンク
………………………………………………………………………………………………………
■ 不動産鑑定士試験の日程
○願書売出    2月中旬〜 3月中旬

○申込受付    3月上旬〜 3月中旬

○試験日     短答式試験   5月中旬
           論文式試験   8月上旬

○合格発表    6月中旬    短答式試験
           10月中旬    論文式試験

○短答式試験地   札幌市 仙台市 東京都  新潟市 名古屋市 大阪市
             広島市 高松市 福岡市  那覇市

○論文式試験地   東京都 大阪市 福岡市

○試験機関      国土交通省 土地・水資源局地価調査課
               東京都千代田区霞が関2-1-2 中央合同庁舎2号館
               TEL:03-5253-8111 内線 30-313  FAX:03-5253-1578
・国土交通省のページへ
………………………………………………………………………………………………………
スポンサーリンク

株式ローン フリーソフト
■ 株式・先物 フリーソフト集
■ 金利ローン フリーソフト集
■ 税金計算 フリーソフト集
− END −