>  土地家屋調査士試験
資格試験たより TOP
法律資格 TOP
土地家屋調査士試験の過去問と解答
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
土地家屋調査士試験 参考書のページは、こちらへ
◆ 建築不動産試験 ブログ ( このページは、過去問のページです )
◆ 過去問のブログ
スポンサーリンク
◆ 参考書のブログ

受験 資格 フリーソフト
総合 TOP ページ
Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

調査士試験の合格率
土地家屋調査士試験/民法不動産登記法の過去問題と解答速報/参考書と問題集
土地家屋調査士試験の資格試験対策ツール/民法、不動産登記法、建物の講座/短答式・記述式問題、口述試験の講習/製図、平面測量、交点計算、電卓、作図の試験対策/過去問題と解答例/おすすめ参考書と問題集テキスト/合格解答速報と掲示板/がんばれメールで受験を応援
試験合格者数/実受験者数
 = 合格率%

H13 610 / 9,710 = 6.4%
H14 610 / 9,640 = 6.3%
H15 590 / 9,350 = 6.3%
H16 560 / 8,870 = 6.4%
H17 520 / 8,300 = 6.3%
H18 520 / 7,930 = 7.9%
H19 500 / 6,250 = 8.0%
………………………………………………………………………………………………………

ダウンロード / 土地家屋調査士試験の過去問と解答

調査士試験の日程
土地家屋調査士試験の過去問と解答が、
                 試験機関のホームページより、ダウンロードできます。
○申込受付
 5月上旬〜6月中旬

○試験日
  8月 中旬 筆記試験
 11月 中旬 口述試験

○合格発表
 11月 中旬 筆記試験
 12月 中旬 最終合格

○試験機関
○ 調査士 試験問題 H25 ○ 調査士 択一式 正解 H25
○ 調査士 試験問題 H24 ○ 調査士 択一式 正解 H24
○ 調査士 試験問題 H23 ○ 調査士 択一式 正解 H23
○ 調査士 試験問題 H22 ○ 調査士 択一式 正解 H22
○ 調査士 問題 午前 H21 ○ 調査士 択一式 正解 H21
○ 調査士 問題 午後 H21
・法務省のページへ
○ 調査士 問題 午前 H20 ○ 調査士 択一式 正解 H20
○ 調査士 問題 午後 H20
スポンサーリンク
………………………………………………………………………………………………………
【 土地家屋調査士試験 過去出題問題のサンプル 】
平成23年度 午前 問題 抜 粋
【 No. 2 】   正解 : 3

 次の見取図の台形 ABCD の垂線 H の距離を計算した場合において、計算値として最も近いものは、後記1から5までのうちどれか。ただし、辺DCと辺ABは平行であるものとする。
tyousashi2001002.jpg
1.30.64m
2.31,16m
3.32,68m
4.33.76m
5.34.38m
【 No. 3 】   正解 : 4

 A点からB点方向に20.00m移動したP点と、A点からB点を2対1に内分するQ点を求めた場合において、P点及びQ点の座標値として最も近いものは、後記1から5までのうちどれか。

A点の座標値  X= 78.00(m) Y=125.50(m)
B点の座標値  X=105.80(m) Y=56.30(m)
tyousashi2001001.jpg
【 No. 6 】   正解 : 3

 A点からB点をトータルステーションによって観測した結果、斜距離は1530.542m、天頂を0度とした鉛直角は69度との結果が得られた。A点からB点までの水平距離として最も近いものは、後記1から5までのうちどれか。
なお、反射鏡定数は50mm、気象補正定数は−12ppmとし、観測結果に各定数は含まれていないものとする。

1.1428.822m  2.1428.826m  3.1428.920m  4.1428.942m  5.1428.946m

調査士試験の概要
 土地家屋調査士とは、土地の境界に最も詳しいスペシャリストです。土地や建物がどこにどれぐらいあるのか?ということを登記簿上に明らかにする仕事ができる資格です。土地・建物の所有者に代わって、表示に関する登記の申請手続きや調査・測量をしたりできます。

 土地家屋調査士は、測量会社、地図会社、土木建設会社、建設コンサルタント、土地家屋調査士事務所などで業務を行います。不動産(土地・建物)の所在・種類(用途)面積に関して調査・測量を行い、その結果に基づいて図面を作製し、法務局に登記を申請します。

 土地家屋調査士試験の内容は、次の通りです。

 午前試験(多肢選択式、記述)では、平面測量(トランシットおよび平板を用いる図根測量を含む)、作図(縮図及び伸図並びにこれに伴う地図の表現の変更に関する作業を含む。)などが出題されます。

 午後試験(多肢選択式、記述)では、民法に関する知識、登記の申請手続(登記申請書の作成に関するものを含む。)及び審査請求の手続に関する知識、その他土地家屋調査士法第3条第1項第 1号から第6号までに規定する業務を行うのに必要な知識及び能力などについて問われます。

 口述試験では、民法に関する知識、登記の申請手続(登記申請書の作成に関するものを含む。)及び審査請求の手続に関する知識、その他土地家屋調査士法第3条第1項第1号から第6号までに規定する業務を行うのに必要な知識及び能力などについて問われます。
【 No. 7 】   正解 : 2

 次の記述の(ア)から(オ)までの空欄に下記アからオまでの語句を入れた場合に、誤っているものは、幾つあるか。ただし、同一の語句については、空欄が二つある場合であっても、一つと数えるものとする。

 子午線とは、地球上において同一(ア)度の地点を結んだ線であり、(ア)線ともいう。(イ)とは、子午線を基準にして、任意の方向まで右回りに測った水平角をいい、(ウ)とは、平面直角座標のX軸を基準にして、任意の方向まで右回りに測った水平角をいう。平面直角座標のX軸から子午線までの角度を(エ)という。
(エ)は、平面直角座標系の原点の東側では(オ)の符号をもつ。

ア. 経   イ. 真北角   ウ. 方向角   エ. 真北方向角   オ. プラス

1. 1個   2 .2個   3. 3個   4 .4個   5. 5個
 

【 No. 9 】   正解 : 5

 次の文章は、我が国の平面直角座標系に関する文章である。(A)から(E)までの( )の中に後記アからクまでの語句群の中から適切な語句を選択して挿入して文章を完成させた場合、(A)から(E)までに入る適切な語句のうち三つの語句を組み合わせたものは、後記1から5までのうちどれか。

 我が国の平面直角座標系は、ガウスの等角投影法によるものである。この投影法は、座標原点を通る子午線は等長に、図形は等角の相似形に投影しているものの、原点から東西に離れるに従って投影される距離が増大していく性質を有している。このため、座標系は、投影距離の誤差を相対的に1/10,000以内に収めるよう座標原点に縮尺係数を与え、かつ、座標原点より東西(A)km以内を適用範囲としている。我が国では、全国を(B)系で表している。
 楕円体面上の距離と平面上の距離が等しくなるのは、原点から東又は西へ(C)kmの位置である。縮尺係数は、(D)を(E)で除した値である。

〔語句群〕
ア 18   イ 19   ウ 90   エ 100   オ 130   カ 150  
キ 楕円体面上の距離   ク 平面上の距離

1.Aオ  Bカ  Cウ
2.Aカ  Dキ  Eク
3.Bイ  Cエ  Dキ
4.Bア  Cエ  Eク
5.Aオ  Dク  Eキ
………………………………………………………………………………………………………

株式ローン フリーソフト
■ 株式・先物 フリーソフト集
■ 金利ローン フリーソフト集
■ 税金計算 フリーソフト集
− END −