資格試験たより TOP
福祉系・医療系 >  言語聴覚士国家試験
◆ 医療系試験のブログ
言語聴覚士国家試験
◆ 過去問のブログ
◆ 参考書のブログ ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーリンク

受験 資格 フリーソフト
総合 TOP ページ
Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
言語聴覚士国家試験の受験を応援/過去問題と解答速報/合格発表と講習講座勉強法

言語聴覚士国家試験の日程
言語聴覚士国家試験の資格試験対策ツール/医療研修推進財団/試験科目は、失語・高次脳機能障害学、言語発達障害学、発声発語・嚥下障害学など/合格発表と求人募集病院情報/専門学校と養成学校/過去問題と解答例/おすすめ参考書と問題集テキスト
………………………………………………………………………………………………………
○申込受付
   11月下旬〜12月中旬

○試験日
   2月中旬

○合格発表
   3月下旬


○試験地
  北海道 東京都 愛知県
  大阪府 広島県 福岡県

○試験に関する照会先
(財)医療研修推進財団
 〒105-0001
 東京都港区虎ノ門1-22-14
 ミツヤ虎ノ門ビル4階
 TEL:03-3501-6515
■ 言語聴覚士国家試験の概要
 言語聴覚士とは、病院や福祉施設などで音声機能、言語機能、聴覚に関するリハビリテーションを行う専門家です。医師や看護師、理学療法士、作業療法士などと協力しながら、患者ごとの治療を施します。言語聴覚士の就職先は病院、リハビリテーションセンター、聴覚言語障害者更正施設、難聴幼児通園施設などですが、音声機能、言語機能または聴覚に障害のある患者さんに機能の維持向上を図るため、訓練・検査・指導・その他の援助を行います。

 言語聴覚士国家試験の内容は、基礎医学、臨床医学、臨床歯科医学、音声・言語・聴覚医学、心理学、音声・言語学、社会福祉・教育、言語聴覚障害学総論、失語・高次脳機能障害学、言語発達障害学、発生・発語・嚥下障害学、聴覚障害学などについて問われます。
………………………………………………………………………………………………………
・厚生労働省試験案内のページ
スポンサーリンク

言語聴覚士試験の合格率
試験合格者数/実受験者数
 = 合格率%

第 5回 1,020 / 2,440 = 42%
第 6回 1,130 / 1,650 = 68%
第 7回 1,010 / 1,810 = 56%
第 8回 1,380 / 2,220 = 62%
第 9回 1,260 / 2,320 = 55%

医療病院 フリーソフト集
■ 医療病院 フリーソフト
■ 介護保険 フリーソフト
■ 健康ダイエットのフリーソフト
− END −