資格試験たより TOP
福祉系・医療系
>  助産師国家試験
◆ 医療系試験のブログ
助産師国家試験の過去問と解答
◆ 過去問のブログ
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆ 参考書のブログ
助産師 国家試験 参考書のページは、こちらへ
( このページは、過去問のページです )

受験 資格 フリーソフト

ダウンロード / 助産師 国家試験の過去問と解答
総合 TOP ページ
助産師 国家試験の過去問と解答が、
             厚生労働省のホームページより、ダウンロードできます。
Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
○ 助産師 問題と正答 H25 ○ 助産師 問題と正答 H22
○ 助産師 問題と正答 H24 ○ 助産師 問題と正答 H21
○ 助産師 問題と正答 H23 ○ 助産師 問題と正答 H20
………………………………………………………………………………………………………

助産師国家試験の日程
スポンサーリンク
○申込受付
   11月下旬〜12月中旬

○試験日
   2月下旬

○合格発表
   3月下旬

○試験地
  北海道 青森県 宮城県
  東京都 愛知県 石川県
  大阪府 広島県 香川県
  福岡県 沖縄県

○試験機関
 厚生労働省医政局医事課
          試験免許室
 〒100-8916
 東京都千代田区
         霞が関1-2-2
 TEL:03-5253-1111
 FAX:03-3503-3559
 E-mail:kokkashiken@mhlw.go .jp
助産師国家試験の受験を応援/過去問題と解答速報/都道府県市町村の公務員採用試験
助産師国家試験の資格試験対策ツール/基礎助産学、助産診断・技術学、地域母子保健、助産管理が試験科目/都道府県市町村の公務員採用試験/過去問題と解答例/おすすめ参考書と問題集テキスト/合格解答速報と掲示板/メールで受験を応援/参考書ランキング
・厚生労働省試験案内のページ
………………………………………………………………………………………………………
【 助産師国家試験 過去出題問題のサンプル 】

助産師国家試験の合格率
平成23年度  助産師国家試験  抜 粋
試験合格者数/実受験者数
 = 合格率%

第85回 1,510 / 1,710 = 88%
第86回 1,530 / 1,710 = 89%
第87回 1,690 / 1,760 = 96%
第88回 1,610 / 1,620 = 99%
第89回 1,570 / 1,600 = 98%
【 No. 4 】   正解 : 1

ディック・リードの理論で正しいのはどれか。
1.緊張が痛みを増強する.
2.痛みに閾値が存在する.
3.一点を見つめることで痛みが緩和する.
4.分娩経過の知識があると恐怖が増強する。


【 No. 11 】   正解 : 3


老年期の女性に多い疾患で正しいのはどれか。
1.子宮脱では高率に子宮頸部の短縮をきたす。
2.骨粗継症の治療には黄体ホルモン製剤が有効である.
3.萎縮性膣炎の治療にはエストリオール製剤が有効である。
4.妊娠・出産回数が多いことは子宮体癌の危険因子になる。
スポンサーリンク
【 No. 18 】   正解 : 2

14歳の女子。地域の思春期相談窓口に電話をかけ「他に相談する場所がない。でもうまく話せる自信がない」と話した。電話を受けた助産師の初期対応で最も適切なのはどれか。
1.思春期に多い相談内容を例示して話を促す。
2.相談のために行動を起こしたことをねぎらう。
3.話したいことを明確にしてからもう一度電話するように勧める。
4.相談内容によっては親や教師へ連絡する場合があることを伝える。


【 No. 29 】   正解 : 3

地域母子保健活動で正しいのはどれか。
1.支援活動の内容を一律にする。
2.助産師が主導する活動をいう。
3.母親同士の相互のつながりを活用する。
4.妊娠・出産に関連した活動に限られる。


【 No. 31 】   正解 : 2

助産師の業務について正しいのはどれか。
1.インシデントレポートは周産期の事故防止に役立たない。
2.助彦録には新生児の保健指導の要領の記載が義務づけられている。
3.助産所業務ガイドラインには、自宅分娩の嘱託医の条件が明記されている。
4.助産師独自の判断による医療事故では、法的責任を助産師に求めることはない。
………………………………………………………………………………………………………
スポンサーリンク

助産師国家試験の概要
 助産師とは、主に出産を控える女性の精神的・生理的な問題に対処し、自分自身の責任において出産時の援助、出産後のケア、新生児対応の監督・アドバイスなどを行う厚生労働省認可の国家資格です。助産師は病院や保健センターなどで働き、 陣痛促進剤や、メスなどの医療用具は用いず、自然分娩に限った介助を行い、出産後のケアや新生児の対応などを行います。
 助産師国家試験の内容は、基礎助産学、助産診断・技術学、地域母子保健学、助産管理学などが問われます。

介護保険 フリーソフト集
■ 介護保険 フリーソフト
介護総合 ケアプラン
記録・予定 保険認定
利用者管理 請求、給付
■ 医療病院 フリーソフト
■ 健康ダイエットのフリーソフト
− END −