資格試験たより TOP
福祉系・医療系 >  臨床検査技師国家試験
◆ 医療系試験のブログ
臨床検査技師国家試験
◆ 過去問のブログ
◆ 参考書のブログ ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーリンク

受験 資格 フリーソフト
総合 TOP ページ
Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

臨床検査技師 解答速報
臨床検査技師国家試験/過去問題と解答速報/合格発表と求人募集病院情報
臨床検査技師国家試験の資格試験対策ツール/日本臨床検査技師会/試験科目は、臨床検査総論・生理学・化学・血液学・微生物学・免疫学/合格発表と求人募集病院情報/専門学校と大学養成校/出題基準と合格発表、過去問題と解答例/おすすめ参考書と問題集テキスト
・日本医歯薬研修協会
………………………………………………………………………………………………………
・東京医科歯科大学

ダウンロード / 臨床検査技師 国家試験の過去問と解答
スポンサーリンク
臨床検査技師 国家試験の過去問と解答が、
             厚生労働省のホームページより、ダウンロードできます。
○ 臨床検査 問題と正答 H25 ○ 臨床検査 問題と正答 H22
○ 臨床検査 問題と正答 H24 ○ 臨床検査 問題と正答 H21
○ 臨床検査 問題と正答 H23 ○ 臨床検査 問題と正答 H20
………………………………………………………………………………………………………
【 臨床検査技師 国家試験 過去出題問題のサンプル 】
平成23年度 午前 問題 抜 粋
【 No. 5 】   正解 : d

尿沈渣中の結晶で着色がみられるのはどれか。
1. シスチン
2. コレステロール
3. 尿酸アンモニウム
4. シュウ酸カルシウム
5. リン酸アンモニウムマグネシウム


【 No. 21 】   正解 : 1

安静換気を行っている坐位の健常人において正しいのはどれか。
1. 肺動脈圧は肺尖部よりも肺底部で高い。
2. 胸腔内の気道内圧は肺底部よりも肺尖部で高い。
3. 単位肺気量当たりの肺の血流量は肺底部よりも肺尖部で大である。
4. 単位肺気量当たりの肺の換気量は肺底部よりも肺尖部で大である。
5. 単位肺気量当たりの肺の換気・血流比は肺尖部よりも肺底部で高い。


【 No. 39 】   正解 : 3

ビリルビン測定の酵素法で用いられる波長はどれか。
1. 280nm
2. 340nm
3. 450nm
4. 540nm
5. 660nm


【 No. 56 】   正解 : 1

電子顕微鏡について誤っているのはどれか。
1. 試料はホルマリン固定する。
2. 透過型の試料は電子染色を行う。
3. 透過型は蛍光板を介して観察する。
4. 走査型の試料は薄切が不要である。
5. 走査型は試料表面の性状を観察する。


【 No. 80 】   正解 : 5

補体の古典経路と第2〈副〉経路の両方に必要なイオンはどれか。
1. カリウム
2. マンガン
3. カルシウム
4. アルミニウム
5. マグネシウム


【 No. 96 】   正解 : 4

増幅器の時定数で誤っているのはどれか。
1. 回路の抵抗値と静電容量の積に等しい。
2. 低域遮断周波数が規定される。
3. 基線動揺の抑制に効果がある。
4. 商用交流雑音を軽減させる。
5. 過渡応答に関与する。

臨床検査技師試験の日程
○申込受付
   1月上旬〜 1月中旬

○試験日
   2月下旬

○合格発表
   4月上旬

○試験地
  北海道 宮城県 東京都
  愛知県 大阪府 広島県
  香川県 福岡県 沖縄県

○試験機関
 厚生労働省医政局医事課
          試験免許室
 〒100-8916
 東京都千代田区
         霞が関1-2-2
 TEL:03-5253-1111
 FAX:03-3503-3559
 E-mail:kokkashiken@mhlw.go .jp
・厚生労働省試験案内のページ
………………………………………………………………………………………………………

臨床検査技師試験の合格率
スポンサーリンク
試験合格者数/実受験者数
 = 合格率%

H15 49回 2,570 / 4,570 = 56%
H16 50回 3,890 / 4,930 = 79%
H17 51回 3,160 / 4,200 = 75%
H18 52回 2,960 / 4,070 = 73%
H19 53回 3,000 / 4,020 = 75%

臨床検査技師試験の概要
 臨床検査技師とは、医師または歯科医師の指示により身体の構造や機能(血圧、心電図、肺活量、脳波や血液、尿、糞便、超音波、筋電図、聴力、眼底、眼圧検査、血圧測定など)に関する様々な生理情報を調べる専門家です。臨床検査技師の有資格者は約1 5万人ほどいるため、この資格だけで就職先を見つけるのは難しく、細胞検査士などの専門化した資格取得することをお勧めします。臨床検査技師は、脳波や心電図、肺活量、脳波、エコー検査、血圧測定などの生体検査と、採取した血液や尿、血液、細胞を調べる検体検査などを行います。

 臨床検査技師試験の内容は、医用工学概論、情報科学概論及び検査機器総論、臨床検査医学総論、臨床医学総論及び医学概論、臨床検査総論、検査管理総論及び医動物学、臨床生理学、臨床化学、放射性同位元素検査技術学、臨床血液学、臨床微生物学、臨床免疫学、公衆衛生学、関係法規、病理組織細胞学などについて問われます。
− END −