>  CAD利用技術者試験
資格試験たより TOP コンピュータ関連 TOP

受験 資格 フリーソフト
CAD利用技術者試験
総合 TOP ページ
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Yahoo!ブックマークに登録
CAD利用技術者試験 参考書のページは、こちらへ
このエントリーをはてなブックマークに追加
( このページは、過去問のページです )

ダウンロード / CAD利用技術者試験の過去問と解答
CAD利用技術者試験の過去問と解答が、
                 試験機関のホームページより、ダウンロードできます。

CAD利用技術者試験 合格率
○ 3次元CAD利用技術者試験 実技試験の解答形状
試験合格者数/実受験者数
 = 合格率%

○3次元CAD利用技術者試験

H16前期  50 / 600 = 10%
H16後期  50 / 650 = 8%
H17前期  100 / 410 = 25%
H17後期  80 / 440 = 18%
H18前期  50 / 360 = 16%
H18後期  40 / 420 = 11%
H19前期  90 / 380 = 25%
H19後期  90 / 380 = 24%

○1級 CAD利用技術者試験

H16前期 1,220 / 4,270 = 29%
H16後期  820 / 5,090 = 16%
H17前期  710 / 3,940 = 18%
H17後期  620 / 4,430 = 14%
H18前期  570 / 2,480 = 23%
H18後期  360 / 2,650 = 14%
H19前期  600 / 2,070 = 29%
H19後期  410 / 2,290 = 18%

○2級 CAD利用技術者試験

H16前期 6,320 / 12,050 = 53%
H16後期 5,420 / 12,400 = 44%
H17前期 4,720 / 10,450 = 45%
H17後期 6,110 / 11,050 = 55%
H18前期 3,980 / 8,590 = 46%
H18後期 4,290 / 9,370 = 46%
H19前期 4,480 / 7,440 = 60%
H19後期 4,040 / 8,000 = 51%

○CAD利用技術者基礎試験

H16年度 1,180 / 1,550 = 76%
H17年度 1,390 / 1,960 = 71%
H18年度 1,000 / 1,400 = 72%
………………………………………………………………………………………………………
スポンサーリンク
CAD利用技術者試験の受験を応援/3次元・1級・2級・基礎試験/cadトレース技能審査
CAD利用技術者試験の資格試験対策ツール/CAD利用技術者試験センターの3次元・1級・2級・基礎試験/建築機械のAutoCAD LT試験情報/パソコン技能検定試験と認定試験/過去問題と解答例/おすすめ参考書と問題集テキスト/合格解答速報と掲示板/参考書ランキング
………………………………………………………………………………………………………
■ CAD利用技術者試験の概要
 CAD利用技術者試験1級(トレース)について汎用系のCADシステムを利用し主として2次元図面のトレース業務に従事し半年以上の就学・就業経験を有する者を想定して行います。CADシステムによる製図業務に特化した操作能力と知識を必要とし社員としてはもちろん派遣業務や在宅業務を目指す方が合格者像です。合格後の進路は、建築・土木設計事務所、機械・アパレル・インテリアメーカーおよび派遣・在宅のCADオペレーターです。

 試験方法は、CADシステムを使用した実技問題(解答データを保存したフラッシュメモリを提出)とトレース分野の基本知識と各分野の図記号および略語を問う筆記問題試験。事前準備として解答枠の事前ダウンロードを行うこと。行っていない場合は採点対象外となり当日の提供も行いません。試験科目は、実技試験で編集・レイヤ設定能力、図形の編集、コマンド機能、レイヤ設定、トレース能力、図面のトレース、投影能力、投影関係と形状理解です。実技試験では、出題される分野の専門知識は必要ありませんが図記号、線種などの知識は必要となります。ファイルは、DXFフォーマットで保存すること。筆記試験は、製図の知識、図面の名称、線の種類と用途、寸法補助記号、図記号などです。

 CAD利用技術者試験2級についてCADシステムを利用するすべての企業において製図業務や営業・販売業務に従事し半年以上の就学・就業経験を有する者を想定して行います。1級の合格を目指す方はもちろん設計や製図、CADシステムの販売等に従事する方が合格者像です。合格後の進路は、1級の受験、設計事務所・メーカーの営業、派遣・在宅のCADオペレーター、CADインストラクターです。試験方法は、多肢選択方式です。試験科目は、C ADシステム分野からCADシステムの概要と機能、CADシステムの基本機能、CADの作図データ、CADシステムとハードウェア、CADシステムとソフトウェア、ネットワークの知識、情報セキュリティと知的財産、CADシステムの運用・管理と課題、3次元CADの基礎知識などです。製図分野からは、製図一般、製図の原理と表現方法、製図における図形の表現方法です。
スポンサーリンク
 3次元CAD利用技術者試験1級は、機械系・製造系の3次元CADシステムを利用してモデリング・設計・製図などの業務に従事して半年以上の実務経験を有する方を想定して行います。3次元CADシステムを操作できるだけではなく3次元設計の補助業務を担い将来、設計者やオペレーターの管理業務を目指す方が合格者像です。合格後の進路は、自動車、機械メーカーの設計者もしくは設計補助です。

 試験方法は、3次元CADソフトを使用したモデリング、アセンブリ、モデルの体積、表面積などを測定し解答群の中からもっとも近い値を選択し解答用紙(マークシート)に記入する。試験科目は、 CADリテラシー問題で文章によるモデリング手順に従い部品を作成する問題。第三者との口頭によるやり取りや手描き図面情報の伝達をイメージし的確にコマンドを使用できるかを問う。空間把握能力問題としては投影図、展開図より、部品を作成する問題で空間形状が把握できているかを問う。部品組立て能力問題としては、部品を作成しそれらを組み立てる問題で正しく部品を組み立てられるかを問う。2次元図面からの作図能力問題としては、2次元図面より機械部品を作成する問題で実務の基本的な能力を総合的に問う。

 3次元CAD利用技術者試験準1級について3次元CAD利用技術者試験は、単に3次元CADシステムのオペレーション技能や作図時間の速さ、正確さを評価するばかりでなく、3次元C ADシステムによる設計業務に関連する周辺知識を活用し実務において最低限のコミュニケーションができる力を評価するためのものです。本試験では3次元CADシステムの正確なオペレーションはもちろんのこと、図面の読図能力、周辺知識とその応用力を評価するための出題がなされています。
スポンサーリンク
………………………………………………………………………………………………………
■ CAD利用技術者試験の日程
・試験機関のページへ
【3次元CAD 前期試験】

 ○申込受付   4月上旬〜5月中旬
 ○試験日     7月第2日曜日
 ○合格発表   9月上旬

【3次元CAD 後期試験】

 ○申込受付   9月上旬〜10月中旬
 ○試験日    12月第2日曜日
 ○合格発表   2月上旬

【1級2級CAD 前期試験】

 ○申込受付   3月中旬〜4月下旬
 ○試験日     6月第3日曜日
 ○合格発表   1級  8月中旬
            2級  7月中旬
【1級2級CAD 後期試験】

 ○申込受付    8月中旬〜9月下旬
 ○試験日    11月第3日曜日
 ○合格発表   1級  1月下旬
            2級  12月中旬

【基礎CAD利用技術者試験】

○申込受付    申込は、随時受付です


○試験機関    CAD利用技術者試験センター
                カスタマー・サービス
   〒100-0014
   東京都千代田区永田町2-4-2
                  秀和溜池ビル4階
    TEL:0120-044-506
    E-Mail:cad_cs@csaj.jp
………………………………………………………………………………………………………
− END −