>  MOUS試験
資格試験たより TOP コンピュータ関連 TOP
MOUS試験
Microsoft Office Specialist
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
MOUS試験 参考書のページは、こちらへ
◆ 情報処理試験 ブログ
( このページは、過去問のページです )
◆ 過去問のブログ
スポンサーリンク
◆ 参考書のブログ

受験 資格 フリーソフト
総合 TOP ページ
Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

情報処理の試験対策
MOUS試験・マイクロソフトオフィススペシャリストの試験問題/mos試験の過去問
ワード・エクセル・アクセス・パワーポイント/Word・Excel・Access・PowerPoint・outlook
MOUS試験の資格試験対策ツール/Microsoft Office Specialist、マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト/Word・Excel・Access・PowerPoint・outloo kの2002・2003コンピータスクール/ワード・エクセル・アクセス・パワーポイント・アウトルックの一般と上級編/過去問題と解答例/おすすめ参考書と問題集テキスト/合格解答速報と掲示板/参考書ランキング
ソフトウェア開発技術者(SW)
基本情報技術者(FE)
初級シスアド(AD)
データベース(DB)
………………………………………………………………………………………………………
システム管理(SM)
エンベデッドシステム(ES) ■ MOUS試験の概要
情報セキュリティ(SV)
 Microsoft Office Specialist(マイクロソフト オフィススペシャリスト、略称 MOS)はマイクロソフトが認定するマイクロソフト製のMicrosoft Officeに関する国際資格である。日本ではオデッセイコミュニケーションズが運営・実施している。かつてはMicrosoft Office User Specialist(略してMOUS)という名称であったが名称が長すぎるなどの理由で改名された。概要。Microsoft Officeの基本操作ならびに応用的な操作を実践的に行う資格で、Officeのバージョン及び各種アプリケーションごとに試験科目が分かれている。通常使う上で最低限必要な操作方法を出題するスペシャリストレベル(旧一般コース)と、スペシャリストレベルの基礎的な内容を十分に踏まえた上でより応用的な操作ができるかどうかを問うエキスパートレベル(旧:上級コース)の2段階に分かれている(Microsoft Word・Microsoft Excel以外はスペシャリストレベルのみ)。Microsoft Office 2000バージョンにおいては試験が行われている全てのアプリケーションにおいて合格(一般と上級の2コースある場合は上級だけの合格でよい)すると、Microsoft Office Masterに認定される。Microsoft Office XPバージョン以降は、Microsoft Office Masterに認定されるために全てのアプリケーションの合格は不要になった。その替わりに必修3科目(Word及びExcelのエキスパートレベルとPowerPoint)と選択1科目(A ccessまたはOutlook)の計4科目の合格が必要になった。2005年11月以降Microsof t Office Master資格は、Microsoft Office Specialist試験を同一受験IDで受験した場合、受験者の4科目目の合格と同時に自動的に認定される。その場合、改めて認定を申請する必要は無い。
システム監査技術者(AU)
システムアナリスト(AN)
プロジェクトマネージャ(PM)
アプリエンジニア(AE)
ネットワーク(NW)
上級シスアド(SD)
情報セキュアド(SU)
MOUS試験
オラクルマスター
資格試験DEアップ
 Microsoft Office Specialist資格は国籍や年齢を問わずに誰でも挑戦できる上、多くの企業でMicrosof t Officeを使用していること等から、主に事務関係・営業関係の就職に有利とされている。ただしこの資格はアプリケーションのバージョンに依存するため取得しても永年的に活用できるような資格ではない。Office 2007とWindowsVistaの発売を期に、Microsoft Office Specialistの代わりにMicrosoft Certified Application Specialist(略称MCAS)とMicrosoft Certified Application Professional(略称MCAP)が新設されることになった。(MCAPにおいては2008年12月現在国内試験の実施予定なし)Microsoft Certified Application Specialistは以前のMicrosoft Office Specialistと同内容の5科目にOSの操作に関する試験が追加された。WordとExcelにあったスペシャリストレベルとエキスパートレベルが統合された。それ以外には、Micr osoft Office Masterの認定がなくなったなどの違いがある。受験会場。基本的には決められた日時に全国一斉で試験が行われるが、一部のパソコンスクールや専修学校では随時試験が開催される。他の試験と異なり任意の時間に利用できる為、いつでも受験できるメリットがある。Microsoft Official Trainer(MOT)。Microsoft Office Specialist資格の他に、Microsoft Officeを使用する人のトレーナーとしての資格を証明するためのMicrosoft公認資格として、Microsoft Official Trainer (MOT) がある。Microsoft Office Specialist各試験内の全セクションにおいて、50%以上の正解率を挙げて合格する事を特別に「MOTレベルで合格」と言う。これはMOTに認定されるための条件として、当該Microsoft Office pecialist試験の全セクションにおいて50%以上の正解率を求めている事による。取得可能なMicrosoft Office製品は、Microsoft Office Word(スペシャリストレベル・エキスパートレベル)、Microsoft Office Excel(スペシャリストレベル・エキスパートレベル)、Microsoft Office PowerPoint、Microsoft Office Outlook、Microsoft Office Access、Windows VistaR for the Business Worker。
情報処理系の国家資格
情報処理系の公的資格
情報処理系の民間資格
スポンサーリンク
………………………………………………………………………………………………………
− END −