> ソフトウェア開発技術者試験(SW)
資格試験たより TOP コンピュータ関連 TOP
情報処理技術者試験
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
情報処理技術者試験 参考書のページは、こちらへ
◆ 情報処理試験 ブログ
( このページは、過去問のページです )
◆ 過去問のブログ

ダウンロード / 情報処理技術者試験の過去問と解答
◆ 参考書のブログ
情報処理技術者試験の過去問と解答が、
                 試験機関のホームページより、ダウンロードできます。

受験 資格 フリーソフト
○ 情報処理技術者試験 問題と解答
総合 TOP ページ
スポンサーリンク
Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

情報処理の試験対策
ソフトウェア開発技術者(SW)
基本情報技術者(FE)
初級シスアド(AD)
データベース(DB)
システム管理(SM)
エンベデッドシステム(ES)
情報処理技術者試験の対策ツール/情報処理推進機構の情報処理技術者試験センター
情報セキュリティ(SV)
情報処理技術者試験の対策ツール/情報処理推進機構の情報処理技術者試験センター/多肢選択式と記述式の重点対策/午後問題の傾向対策と完全教本による徹底演習/配点や合格率から難易度・合格ボーダーラインを予想/勉強法を講座・集中ゼミで解説/過去問題と解答例
システム監査技術者(AU)
システムアナリスト(AN)
プロジェクトマネージャ(PM)
………………………………………………………………………………………………………
アプリエンジニア(AE)
ネットワーク(NW)
■ 情報処理技術者試験 解答速報
上級シスアド(SD)
情報セキュアド(SU)
・アイテック ・資格の大原
MOUS試験
・資格の学校TAC ・生涯学習のユーキャン
オラクルマスター
・日経システム構築 ・名古屋工学院専門学校
資格試験DEアップ
情報処理系の国家資格
情報処理系の公的資格
情報処理系の民間資格
■ 開発技術者試験の日程
・試験概要のページへ
【春期】 SW開発技術者試験

○申込受付 : 1月中旬から約1ケ月間
○試験日   : 4月第3日曜日
○合格発表 : 試験実施の約2ケ月後

【秋期】 SW開発技術者試験

○申込受付 : 7月中旬から約1ケ月間
○試験日   : 10月第3日曜日
○合格発表 : 試験実施の約2ケ月後


【試験実施機関 】
 行政法人 情報処理推進機構  情報処理技術者試験センター
 〒113-8663  東京都文京区本駒込2-28-8
      TEL:03-5978-7600(代表)  FAX:03-5978-7610
スポンサーリンク
スポンサーリンク
………………………………………………………………………………………………………
【 基本情報技術者試験(FE) 過去出題問題のサンプル 】

情報処理試験の概要
平成24年度 春期 午前問題 抜 粋
 実施される試験区分・対象者像は以下の通りである。

ITパスポート試験(エントリ試験):職業人が共通に備えておくべき情報技術に関する基礎的な知識をもち情報技術に携わる業務に就くか担当業務に対して情報技術を活用していこうとする者。

基本情報技術者試験:高度IT人材となるために必要な基本的知識・技能をもち実践的な能力を身につけた者。

応用情報技術者試験:高度IT人材となるために必要な応用的知識・技能をもち高度IT人材としての方向性を確立した者。

高度情報処理技術者試験:高度I T人材として確立した専門分野を持ち主導する者。

ITストラテジスト試験:企業の経営戦略に基づいて、ビジネスモデルや企業活動における特定のプロセスについて情報技術を活用して改革・高度化・最適化するための基本戦略を策定・提案・推進する者。組込みシステムの企画及び開発を統括し新たな価値を実現するための基本戦略を策定・提案・推進する者。

システムアーキテクト試験:ITストラテジストによる提案を受けて情報システム又は組み込みシステムの開発に必要となる要件を定義しそれを実現するためのアーキテクチャを設計し情報システムについては開発を主導する者。

プロジェクトマネージャ試験:システム開発プロジェクトの責任者としてプロジェクト計画を立案し必要となる要員や資材を確保し計画した予算・納期・品質の達成について責任をもってプロジェクトを管理・運営する者。

ネットワークスペシャリスト試験・データベーススペシャリスト試験:ネットワーク又はデータベースに関係する固有技術を活用し最適な情報システム基盤の企画・要件定義・開発・運用・保守において中心的な役割を果たすとともに固有技術の専門家として情報システムの企画・要件定義・開発・運用・保守への技術支援を行う者。

エンベデッドシステムスペシャリスト試験:組み込みシステム開発に関係する広い知識や技能を活用し最適な組み込みシステム開発基盤の構築や組み込みシステムの設計・構築・製造を主導的に行う者。

情報セキュリティスペシャリスト試験:情報システムの企画・要件定義・開発・運用・保守において情報セキュリティポリシーに準拠してセキュリティ機能の実現を支援し又は情報システム基盤を整備し情報セキュリティ技術の専門家として情報セキュリティ管理を支援する者。

ITサービスマネージャ試験:情報システム全体について安定稼働を確保し障害発生時においては被害の最小化を図るとともに継続的な改善、品質管理など、安全性と信頼性の高いサービスの提供を行う者。

システム監査技術者試験:被監査対象から独立した立場で情報システムや組み込みシステムに関するリスク及びコントロールを総合的に点検・評価し監査結果をトップマネジメントなどに報告し改善を勧告する者。
テクノロジ系問題

【 No. 7 】   正解 : エ

多数のデータが単方向リスト構造で格納されている。このリスト構造には、先頭ポインタとは別に、末尾のデータを指し示す末尾ポインタがある。次の操作のうち、ポインタを参照する回数が最も多いものはどれか。
ア. リストの先頭にデータを挿入する。
イ. リストの先頭のデータを削除する。
ウ. リストの末尾にデータを挿入する。
エ. リストの末尾のデータを削除する。

【 No. 21 】   正解 : ア

仮想記憶システムにおいて主記憶の容量が十分でない場合、プログラムの多重度を増加させるとシステムのオーバヘッドが増加し、アプリケーションのプロセッサ使用率が減少する状態を表すものはどれか。
ア. スラッシング
イ. フラグメンテーション
ウ. ページング
エ. ボトルネック

【 No. 29 】   正解 : ア

関係データベース管理システム(RDBMS)におけるビューに関する記述のうち、適切なものはどれか。
ア. ビューとは、名前を付けた導出表のことである。
イ. ビューに対して、ビューを定義することはできない。
ウ. ビューの定義を行ってから、必要があれば、その基底表を定義する。
エ. ビューは一つの基底表に対して一つだけ定義できる。

【 No. 33 】   正解 : エ

DBMSの排他制御に関する記述のうち、適切なものはどれか。
ア. アクセス頻度の高いデータの処理速度を上げるためには、排他制御が必要である。
イ. 処理速度を上げるため、排他制御を行うデータの範囲は極力大きくすべきである。
ウ. データアクセス時のデッドロックを防止するために、排他制御が必要である。
エ. 複数の人が同時に更新する可能性のあるデータには、排他制御が必要である。

【 No. 49 】   正解 : ア

サブルーチンヘの引数の渡し方のうち、変数を引数として渡しても、サブルーチンの実行後に変数の値が変更されないことが保証されているものはどれか。
ア. 値呼出し
イ. 結果呼出し
ウ. 参照呼出し
工. 名前呼出し
………………………………………………………………………………………………………
マネジメント系問題

【 No. 54 】   正解 : ウ

システム開発プロジェクトにおける、ソフトウェア品質の管理指標の一つとして、最も適切なものはどれか。
ア. WBSを構成するワークパッケージの完了数
イ. 個人別のプログラミングの生産性
ウ. 成果物ごとのレビュー時間
エ. プログラムのバージョン

ストラテジ系問題

【 No. 62 】   正解 : エ

情報戦略の立案時に、必ず整合性をとるべき対象はどれか。
ア. 新しく登場した情報技術
イ. 基幹システムの改修計画
ウ. 情報システム部門の年度計画
工. 中長期の経営計画

【 No. 73 】   正解 : エ

ICタグ(RFID)の特徴はどれか。
ア. GPSを利用し、受信地の位置情報や属性情報を表示する。
イ. 専用の磁気読取り装置に挿入して使用する。
ウ. 大量の情報を扱うので、情報の記憶には外部記憶装置を使用する。
エ. 汚れに強く、記録された情報を梱包の外から読むことができる。
………………………………………………………………………………………………………
− END −