>  公害防止管理者試験
資格試験たより TOP
環境系資格 TOP
公害防止管理者試験の過去問と解答
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
公害防止管理者試験 参考書のページは、こちらへ
◆ 環境系試験のブログ
( このページは、過去問のページです )
◆ 過去問のブログ

ダウンロード / 公害防止管理者試験の過去問と解答
◆ 参考書のブログ
公害防止管理者試験の過去問と解答が、
                 試験機関のホームページより、ダウンロードできます。

受験 資格 フリーソフト
○ 公害防止管理者試験 問題と正解
総合 TOP ページ
スポンサーリンク
Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

公害防止管理者 解答速報
・公害防止管理者集会所

公害防止管理者試験の日程
公害防止管理者試験の受験を応援/過去問題と解答/都道府県の認定講習
○申込受付
   7月上旬〜7月下旬

○試験日
   10月第1日曜日

○合格発表
   12月中旬

○試験地
  札幌市 仙台市 東京都
  名古屋市 大阪府 広島市
  高松市 福岡市 那覇市

○試験機関
(社)産業環境管理協会
 公害防止管理者試験センター
〒101-0044
東京都千代田区鍛冶町2-2-1
  三井住友銀行神田駅前ビル
 TEL:03-5209-7713
 FAX:03-5209-7718
公害防止管理者試験の対策ツール/大気・水質・ダイオキシン類・騒音・振動の正解ヒント/特定一般粉じんのよく出る精選問題集/第1234種の技術法規/東京都大阪府各県の認定講習/過去問題と解答例/おすすめ参考書と問題集/合格解答速報と掲示板/がんばれメールで応援
………………………………………………………………………………………………………
【 公害防止管理者試験 過去出題問題のサンプル 】
以下に紹介するサンプルは、過去出題問題を抜粋したものです。
すべての内容は、上の「ダウンロードボタン」からダウンロードして、確認してください。
平成23年度  公害防止管理者試験  抜 粋
大気概論  【 No. 4 】   正解 : 3

 特定工場における公害防止組織の整備に関する法律施行令に規定する「大気関係第4種有資格者」を、公害防止管理者として選任できない施設はどれか。
1.排出ガス量が1時間当たり2万立方メートルの特定工場に設置された石油製品の製造
  の用に供する加熱炉
2.排出ガス量が1時間当たり3万立方メートルの特定工場に設置された製鋼の製造の
  用に供する電気炉
3.排出ガス量が1時間当たり1万立方メートルの特定工場に設置された鉛蓄電池の製造
  の用に供する溶解炉施設
4.排出ガス量が1時間当たり1万立方メートルの特定工場に設置された硝酸の製造用
  吸収施設
5.排出ガス量が1時間当たり3万立方メートルの特定工場に設置されたガスタービン


大気概論  【 No. 8 】   正解 : 5

 石綿に関する記述として,誤っているものはどれか。
1.天然に産出する鉱物である。
2.繊維状のけい酸塩化合物である。
3.建築資材を主要な用途として広く使用されてきた。
4.肺がんだけでなく、胸膜や腹膜の悪性腫瘍を起こす。
5.石綿のなかでは、クリソタイルの発がん性が最も高い。


水質概論  【 No. 3 】   正解 : 4  

 水質汚濁防止法に規定する特定施設に該当しないものはどれか。
1.飲料製造業の用に供する原料処理施設
2.冷凍調理食品製造業の用に供する湯煮施設
3.合成樹脂製造業の用に供する遠心分離機
4.金属製品製造業又は機械器具製造業(武器製造業を含む。)の用に供する成型機
5.下水道終末処理施設


水質概論  【 No. 10 】   正解 : 3

 水域が過度に富栄養化した場合に、生物に及ぼし得る影響として、誤っているものはどれか。
1.植物プランクトンにより、えらの詰まりが生じ,魚類が斃死しする。
2.水生植物群落の減少により、産卵場と避難場所が減少し、魚類の生産性が低下する。
3.植物プランクトンの現存量が減少する。
4.動物プランクトンの種類と現存量が減少する。
5.底生生物の種類と現存量が減少する。
・試験機関のページへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

公害防止管理者の合格率
試験合格者数/実受験者数
         = 合格率%

H13 6,050 / 25,610 = 24%
H14 6,000 / 24,680 = 24%
H15 5,410 / 25,170 = 22%
H16 5,800 / 23,200 = 25%
H17 7,370 / 24,010 = 31%
H18 5,130 / 21,350 = 24%
H19 3,130 / 25,230 = 12%
騒音・振動概論  【 No. 3 】   正解 : 2

 騒音規制法において、指定地域内の工場又は事業場(特定施設が設置されていないものに限る。)に特定施設を設置しようとする者が、市町村長に届け出る事項とされていないものはどれか。
1.特定施設の型式及び公称能力
2.特定施設の製造会社の名称及び所在地
3.常時使用する従業員数
4.特定施設の種類ごとの通常の日における使用の開始及び終了の時刻
5.工場又は事業場の事業内容


騒音・振動概論  【 No. 19 】   正解 : 4

 地表面での鉛直方向の振動レベルとその家屋内での影響に関する記述として、誤っているものはどれか。
1.50dBでは、振動を感じる人もいる。
2.60dBでは、浅い睡眠への影響がみられる。
3.70dBでは、住民の過半数が振動を感じる。
4.80dBでは、睡眠以外にも生理的影響が生じる。
5.90dBでは、建物への物的被害が生じる。


ダイオキシン類概論  【 No. 5 】   正解 : 5

 特定工場における公害防止組織の整備に関する法律に規定するダイオキシン類発生施設に該当しないものはどれか。
1.変圧器の定格容量1000キロボルトアンペア以上の製鋼の用に供する電気炉
  (鋳鋼又は鍛鋼の製造の用に供するものを除く。)
2.カーバイド法アセチレンの製造の用に供するアセチレン洗浄施設
3.硫酸カリウムの製造の用に供する廃ガス洗浄施設
4.クロロベンゼンの製造の用に供する水洗施設
5.焼却能力が1時間当たり10キログラム以上の廃棄物焼却炉から発生するガスを処理
  する廃ガス洗浄施設


ダイオキシン類概論  【 No. 13 】   正解 : 2

 最もTEFが小さいものはどれか。
1.1, 2, 3, 6, 7, 8-HxCDD
2.1, 2, 3, 4, 6, 7, 8-HpCDD
3.2, 3, 7, 8-TeCDF
4.2, 3, 4, 6, 7, 8-HxCDF
5.2, 3, 4, 7, 8-PeCDF 

公害防止管理試験の概要
 公害防止管理者試験の内容は、次の通りです。

 大気関係公害防止管理者の試験内容は、公害総論、大気概論、大気特論、ばいじん・粉じん特論、大気有害物質特論、大規模大気特論などが問われます。
 水質関係第1種公害防止管理者の試験内容は、公害総論、水質概論、汚水処理特論、水質有害物質特論、大規模水質特論などが問われます。
騒音・振動関係公害防止管理者の試験内容は、公害総論、騒音・振動概論、騒音・振動特論などが問われます。
 公害防止主任管理者の試験内容は、公害総論、大気・水質概論、大気関係技術特論、水質関係技術特論などが問われます。
 特定粉塵公害防止管理者の試験内容は、公害総論、大気概論、ばいじん・粉じん特論などが問われます。
 一般粉塵公害防止管理者の試験内容は、公害総論、大気概論、ばいじん・粉じん特論などが問われます。
 ダイオキシン類関係公害防止管理者の試験内容は、公害総論、ダイオキシン類概論、ダイオキシン類特論などが問われます。
………………………………………………………………………………………………………
− END −