行政書士試験 TOP
>  行政書士試験
TOP
行政書士試験の過去問と解答
行政書士試験の受験応援/年度試験問題の解答/通信講座と参考書ランキング
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
行政書士試験のページ

行政書士試験の合格率
参考書のページ 過去問のページ
行政書士試験の試験対策/おすすめ参考書と問題集テキスト/通信教育と資格試験勉強法/試験日程・試験結果・合格発表・合格率の情報/掲示板プログの合格ナビ、通信講座で受験を応援します。
試験合格者数/実受験者数
 = 合格率%

H14  2,890 / 67,040 = 19.2%
H15  2,350 / 81,240 = 2.9%
H16  4,190 / 78,680 = 5.3%
H17  1,960 / 74,760 = 2.6%
H18  3,380 / 70,710 = 4.8%
H19  5,630 / 65,150 = 8.6%
スポンサーリンク

行政書士試験の日程
○ 願書配布
      8月上旬 〜 8月下旬

○ 申込受付
      8月上旬 〜 9月上旬

○ 試 験 日
     11月第2日曜日

○ 合格発表
      1月下旬

○ 試 験 地
     全国各都道府県

○ 試験機関
  (財) 行政書士試験研究
              センター
  〒100-0012
  東京都千代田区日比谷公園
      1番3号 市政会館1階
       TEL 03(5251)5600
………………………………………………………………………………………………………
ダウンロード / 行政書士試験の過去問と解答
行政書士試験の過去問と解答が、試験機関のホームページより、ダウンロードできます。
○ 行政書士試験 問題 H25 ○ 行政書士試験 正解 H25
・試験実施機関のページへ
○ 行政書士試験 問題 H24 ○ 行政書士試験 正解 H24
○ 行政書士試験 問題 H23 ○ 行政書士試験 正解 H23
○ 行政書士試験 問題 H22 ○ 行政書士試験 正解 H22

行政書士試験の勉強法
○ 行政書士試験 問題 H21 ○ 行政書士試験 正解 H21
旧版(平成14年度〜平成19年度)のダウンロードは、こちらから行えます。                 
 行政書士試験は受験年度によって相当合格率が違います。去年は難しかったのに、今年はこんなに簡単だということが起こりえます。あきらめずに受験しましょう。

 行政書士法などは同じ問題が何度も繰り返し出題されています。法令は過去問を必ずチェックしておく必要があります。

 法令は深追いしすぎないことです。特に民法は無限に近いほど問題作成できる事例があります。それらをすべて把握することは不可能です。捨てるべき問題は捨て、解ける問題は必ず正解することが、合格するためには必要です。

 試験当日、法令に時間をかけ過ぎて、一般教養の時間がなくなる人がかなりいます。法令だけ出来ても一般教養の方がだめだと合格できません。試験と同じ時間で、予想問題集を解く模擬試験を行うことです。

■法令編
 行政書士試験の出題科目や点数配分を把握する。過去問を解き、問題の出題傾向をつかむ。専門的な参考書に進む。そしてまた過去問に戻る。

■一般教養編
 過去問で出題内容を把握する。大学入試のセンター試験問題と同じような問題です。センター試験の過去問を解く。毎日、新聞の社説を2回読む。読む途中で解らない言葉が出てきたら、時事用語辞典などで確認する。ニュースは可能な限り見ること。一般教養は法令と同じぐらい重要です。しっかりとした対策が必要です。
○ ダウンロード / 行政書士試験の過去問と解答
………………………………………………………………………………………………………
■ 行政書士試験の出題形式
1.行政書士の業務に関して必要な法令等からの出題 ・・・ 出題数46題

 「行政書士の業務に関して必要な法令等からの出題」については、下記の分野から46題出題されます。法令については、平成20年4月1日現在施行されている法令に関して出題されます。出題の形式は、択一式及び記述式(40字程度で記述するもの)による筆記試験です。
   ・憲法   ・民法   ・商法   ・基礎法学
   ・行政法 ・・・ 行政法の一般的な法理論、行政手続法、行政不服審査法、行政事件
            訴訟法、国家賠償法及び地方自治法

2.行政書士の業務に関連する一般知識等からの出題 ・・・ 出題数14題

 「行政書士の業務に関連する一般知識等からの出題」については、下記の分野から14題出題されます。出題の形式は、択一式による筆記試験です。
   ・政治、経済、社会    ・情報通信、個人情報保護    ・文章理解
スポンサーリンク

不動産業務 フリーソフト
………………………………………………………………………………………………………
■ 不動産業務 フリーソフト集
【 行政書士試験 過去出題問題のサンプル 】
不動産全般/重要事項
平成23年度 択一式 問題 抜 粋
物件情報管理/レインズ
チラシ作成/間取り計画
【 No. 1 】   正解 : 3

 わが国の法律に関する次の記述のうち、妥当なものはどれか。
1.わが国の法律は基本的には属人主義をとっており、法律によって日本国民以外の者に
  権利を付与することはできない。
2.限時法とは、特定の事態に対応するために制定され、その事態が収束した場合には
  失効するものをいう。
3.法律が発効するためには、公布がされていることと施行期日が到来していることとの
  双方が要件となる。
4.国法は全国一律の規制を行うものであり、地域の特性に鑑み特別の地域に限って規制
  を行ったり、規制の特例措置をとったりすることは許されない。
5.日本国憲法は遡及処罰の禁止を定めており、法律の廃止に当たって廃止前の違法行為
  に対し罰則の適用を継続する旨の規定をおくことは許されない。


【 No. 5 】   正解 : 3

 写真家Aが自らの作品集をある出版社から発売したところ、これに収録された作品のいくつかが刑法175条にいう「わいせつ」な図画に該当するとして、検察官によって起訴された。自分が無罪であることを確信するAは、裁判の場で自らの口から「表現の自由」を主張できるように、慌てて憲法の勉強を始め、努力の甲斐あって次の1〜5のような考え方が存在することを知ることができた。このうち、本件の事案において主張するものとして、最も適しない考え方はどれか。
1.わいせつ表現についても、表現の自由の価値に比重を置いてわいせつの定義を厳格に
  しぼり、規制が及ぶ範囲をできるだけ限定していく必要がある。
2.表現の自由は「公共の福祉」によって制約されると考える場合であっても、これは他人の
  人権との矛盾・衝突を調整するための内在的制約と解すべきである。
3.憲法21条2項前段が「検閲の禁止」を定めているように、表現活動の事前抑制は原則とし
  て憲法上許されない。
4.表現の自由に対する規制が過度に広汎な場合には、当事者は、仮想の第三者に法令
  が適用されたとぎに違憲となりうることを理由に、法令全体の違憲性を主張できる。
5.文書の芸術的・思想的価値と、文書によって生じる法的利益の侵害とを衡量して、前者
  の重要1生が後者を上回るときにまで刑罰を科するのは違憲である。


【 No. 17 】   正解 : 3

 執行停止についての内閣総理大臣の異議についての次の記述のうち、妥当なものはどれか。
1.内閣総理大臣の異議は、裁判所による執行停止決定の後に述べなければならず、決定
  を妨げるために決定以前に述べることは許されない。
2.内閣総理大臣の異議は、下級裁判所による執行停止決定に対するものでも、最高裁判
  所に対して述べることとされている。
3.内閣総理大臣の異議が執行停止決定に対して述べられたときは、その理由の当否に
  ついて裁判所に審査権限はなく、裁判所は、必ず決定を取り消さなければならない。
4.内閣総理大臣が異議を述べたときは、国会に承認を求めなければならず、これが国会に
  よって否決された場合には、異議を取り消さなければならない。
5.内閣総理大臣の異議の制度については、違憲ではないかとの疑義もあり、実際にも用い
  られた例が少ないため、他の抗告訴訟における仮の救済手続には準用されていない。
賃貸管理/駐車場管理
売買仲介
分譲仲介/マンション管理
管理代行/資産運用

受験 資格 フリーソフト
総合 TOP ページ
Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
【 No. 23 】   正解 : 5

 地方自治法の規定する公の施設の指定管理者についての次の記述のうち、妥当なものはどれか。
1.指定管理者として公の施設を管理する法人の指定は、条例自体によってなさなければ
  ならないこととされている。
2.公の施設の利用料金は、地方公共団体の収入とされ、指定管理者には普通地方公共
  団体から委託料が支払われることとされている。
3.公の施設の利用料金は、地方公共団体が条例で定めることとされ、指定管理者が定める
  ことはできない。
4.公の施設の使用許可などの行政処分は、地方公共団体の長が行わなければならず、
  これを指定管理者が行うことは認められていない。
5.指定管理者による公の施設の管理の基準及び業務の範囲その他の必要な事項は、
  条例で定めることとされている。


【 No. 35 】   正解 : 3

 後見および扶養に関する次の記述のうち、民法の規定に照らし、正しいものはどれか。
1.未成年後見人が選任されている場合においても、家庭裁判所は、必要があると認める
  ときは、職権で、さらに別の未成年後見人を選任することができる。
2.後見人と被後見人との利益が相反する行為については、後見監督人がある場合でも、
  後見人は、被後見人のために特別代理人を選任することを家庭裁判所に請求しなけれ
  ばならない。
3.未成年後見については、未成年者に対し親権を行う者がないとき、または親権を行う者
  が管理権を有しないときに後見が開始し、成年後見については、後見開始の審判があっ
  たときに後見が開始する。
4.夫婦、直系血族および兄弟姉妹は、お互いに扶養する義務があるが、姻族間において
  は、家庭裁判所は、特別の事情がある場合でも、扶養の義務を負わせることはできない。
5.扶養する義務のある者が数人ある場合において、扶養すべき者の順序については、配
  偶者を先にし、配偶者がないときの親等の異なる血族間では、親等の近い者を先にする。
………………………………………………………………………………………………………
− END −