>  総合技術監理部門
TOP 技術士第二次試験
資格試験支援ツール
技術士試験 総合技術監理部門
技術士第二次試験/総合技術監理部門の資格試験対策
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
参考書のページ 過去問のページ
総合技術監理部門のページ

技術士第二次試験の日程
スポンサーリンク
○ 願書売出
      4月上旬 〜 5月上旬

○ インターネット受付
      4月上旬 〜 4月下旬

○ 申込受付
      4月下旬 〜 5月上旬

○ 試験日
      8月第1土曜日

○ 合格発表
     10月下旬   筆記試験

○ 試験地  
  北海道 宮城県 東京都
  神奈川県 新潟県 石川県
  愛知県 大阪府 広島県
  香川県 福岡県 沖縄県

○ 試験機関
  社団法人 日本技術士会
       技術士試験センター
  〒105-0001
  東京都港区虎ノ門4−1−20
            田中山ビル
    電話 03−3459−1333
    FAX 03−3459−1334
………………………………………………………………………………………………………
技術士会が過去問と正答を公開。
日本技術士会のホームページで、技術士試験の過去試験問題、択一式問題の正答が掲載されています。平成21年度以降の各部門・各科目の全ての問題です。
・試験機関のページへ
・過去問題(総合技術監理部門)
・択一式問題の正答(総合技術監理部門)

受験 資格 フリーソフト
………………………………………………………………………………………………………
総合 TOP ページ

技術士第二次試験(筆記/総合技術監理)の出題形式
Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
■ 選択科目 T・U
20技術部門の筆記試験のことです。
試験科目は、下の技術士第二次試験の科目を参照してください。
  ○ 試験時間は、記述式(T) 3時間30分、記述式(U) 2時間30分。
■ 必須科目 U−1・U−2
総合技術監理部門に関する課題解決能力および応用能力が問われます。
  ○ 必須科目(U−1) は、五肢択一式で、40問出題に対し全問解答します。
    試験時間は、2時間です。
  ○ 必須科目(U−2) は、記述式で、600字詰め用紙5枚以内にまとめます。
    試験時間は、3時間30分です。
………………………………………………………………………………………………………

技術士第二次試験(口頭試験)の出題形式
■ 総合技術監理部門を含む21部門
技術士としての適格性を判定することを主眼とし、技術的体験、経歴、専門知識の幅
および深さ、応用能力、総合技術監理能力などについて試問されます。
  ○ 試験内容は、口頭式です。
  ○ 試験時間は、約45分、総合技術監理との併願時は約75分。
スポンサーリンク
………………………………………………………………………………………………………
− END −