管工事施工管理 TOP
>  管工事施工管理試験
1級・2級 管工事施工管理技士試験
過去問と解答例のダウンロード
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

1級経験記述の出題予想
解答例文のメール送信
管工事施工管理試験の過去問と解答 : ダウンロード
安全管理、工程管理、試運転調整、自主検査、現場受入検査など。
出題予想と解答例文をメール送信いたします。
1級・2級 学科試験・実地試験 過去出題問題と解答例
1級・2級 管工事施工管理技士試験、学科試験・実地試験の過去出題問題と解答例が、
東北技術検定研修協会様のサイトより、ダウンロードできます。  
詳細は こちらへ
◆ ダウンロードは、こちらから

2級経験記述の出題予想
解答例文のメール送信
スポンサーリンク
【2級用】
品質管理、工程管理、安全管理
などの解答例です。
出題予想と解答例文をメール送信いたします。
詳細は こちらへ

管工事施工管理技士試験
■ 管工事施工管理技士試験
1.経験記述問題の解答例
………………………………………………………………………………………………………
2.出題予想と解答例
3.過去問題と解答速報
過去問、出題傾向/出題予想 過去問、出題傾向/出題予想

1級 実地試験 管工事

2級 実地試験 管工事
4.経験記述問題の対策
5.試験の参考書ランキング
6.設備工事のフリーソフト
1.No.1 設備全般 1.No.1 設備全般
7.設備工事の指針・技術書
2.No.2 空調設備 2.No.2 空調設備
3.No.3 給排水設備 3.No.3 給排水設備
4.No.4 工程管理 4.No.4 工程管理
過去問、出題傾向/出題予想

1級 実地試験 管工事
5.No.5 法規 5.No.5 法規
6.No.6 施工経験記述 6.No.6 施工経験記述
1.No.1 設備全般
2.No.2 空調設備

管工事施工管理 レポート
○ 1級・2級 学科試験の解答例

○ 1級・2級 経験記述の出題傾向

○ 1級・2級 工事内容の記入例
3.No.3 給排水設備
【公開中】
4.No.4 工程管理
◆ 施工管理 レポート へ
5.No.5 法規
6.No.6 施工経験記述
スポンサーリンク
過去問、出題傾向/出題予想

2級 実地試験 管工事
1.No.1 設備全般
2.No.2 空調設備
3.No.3 給排水設備
4.No.4 工程管理
5.No.5 法規
6.No.6 施工経験記述
………………………………………………………………………………………………………
管工事施工管理技士試験
支援ツール
【過去出題問題のサンプル】
スポンサーリンク
以下に紹介するサンプルは、過去出題問題を抜粋したものです。
すべての内容は、上の「ダウンロードボタン」からダウンロードして、確認してください。
平成22年度 一級管工事施工管理技士試験 学科A問題   (抜粋です)
【 No. 2 】   正解 : 4

温熱環境に関する記述のうち、適当でないものはどれか。
(1) 有効温度(ET)は、ヤグローが提唱したもので、乾球温度、湿球温度及び気流速度に
   関係する。
(2) 作用温度(OT)は、乾球温度、気流速度及び周囲の壁からの放射温度に関係するもの
   で、実用上は周壁面の平均温度と室内温度との平均値で示される。
(3) 等価温度(EW)は、乾球温度、気流速度及び周囲の壁からの放射温度に関係するもの
   で、実用上はグローブ温度計により求められる。
(4) 予想平均申告(PMV)は、大多数の人が感ずる温冷感を+5から−5までの数値で
   示すものである。

【 No. 10 】   正解 : 1

金属材料の腐食に関する記述のうち、適当でないものはどれか。
(1) 亜鉛は、鉄よりもイオン化傾向が小さいので、腐食しにくい。
(2) SUS 304 製受水タンクは、気相と液相の境界で腐食を生じやすい。
(3) 異種金属を水中で接触させた場合、陽極となる金属が腐食する。
(4) コンクリート中の鉄は、土に埋設された鉄より腐食しにくい。

【 No. 16 】   正解 : 1

一般的な変風量単一ダクト方式に関する記述のうち、最も不適当なものはどれか。
(1) 空気調和機への入口空気温度を検出して、冷温水コイルの冷温水量を制御する。
(2) 室内空気又は還気の相対湿度を検出して、空気調和機の加湿量を制御する。
(3) 室内温度を検出して、VAVユニットの風量を制御する。
(4) VAVユニットの開度信号により、空気調和機の送風機の風量を制御する。
………………………………………………………………………………………………………
【 No. 26 】   正解 : 3

配水管及び水道直結部の給水管に関する記述のうち、適当でないものはどれか。
(1) 軟弱地盤や構造物との取合い部等、不同沈下のおそれのある箇所には、たわみ性の
   大きい伸縮可とう継手を設ける。
(2) 給水管を分岐する箇所での配水管内の最小動水圧は 0.15 MPa とし、最大静水圧は
   0.74 MPaを超えないようにする。
(3) 水道直結部の給水管は、耐圧性能試験により 1.5 MPa の静水圧を加えたとき、水漏れ、
   変形等の異常が認められないことを確認する。
(4) 不断水工法により配水管の分岐を行う場合、既設管に割T字管を取り付けた後、所定の
   水圧試験を行って漏水のないことを確認してから、穿孔作業を行う。

【 No. 41 】   正解 : 3

配管付属品に関する記述のうち、適当でないものはどれか。
(1) スイング逆止め弁は、リフト逆止め弁に比べて、弁が開いた状態での開口面積が大きく、
   圧力損失が少ないので大口径まで使用される。
(2) スモレンスキ逆止め弁は、リフト逆止め弁にばねと案内傘を内蔵した構造で、バイパス弁
   付きのものがあり、ポンプの吐出し側垂直配管に使用される。

(3) 単式スリーブ形伸縮管継手は、単式ベローズ形伸縮管継手に比べて、継手1個当たりの
   最大変位量が小さい。
(4) フレキシブル形管継手は、軸に対して直角方向の変位を吸収するために用い、変位量が
   大きいほど全長を長くする必要がある。

【 No. 44 】   正解 : 4

公共工事標準請負契約約款に関する記述のうち、適当でないものはどれか。
(1) 工事材料の品質については、設計図書にその品質が明示されていない場合にあっては、
   中等の品質を有するものとする。
(2) 請負者(受注者)は、設計図書に基づいて請負代金内訳書及び工程表を作成し、発注者
   に提出する。
(3) 監督員は、工事の施工部分が設計図書に適合しないと認められる相当の理由がある
   場合において、必要があると認められるときは、理由を請負者(受注者)に通知して、
   最小限度破壊して検査することができる。この場合の検査及び復旧に直接要する
   費用は、請負者(受注者)の負担とする。
(4) 発注者は、請負者(受注者)から工事が完成した旨の通知を受けたときは、工期最終
   日から14 日以内に完成検査を完了し、検査結果を請負者(受注者)に通知しなければ
   ならない。

受験 資格 フリーソフト
総合 TOP ページ
Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
………………………………………………………………………………………………………
− END −