測量士 TOP >  測量士・測量士補試験
TOP
測量士・測量士補試験
測量士試験・測量士補試験/年度試験問題の解答/参考書ランキング
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

測量士試験 解答速報
測量士試験・測量士補試験の試験対策/おすすめ参考書と問題集テキスト/通信教育と資格試験勉強法/試験日程・試験結果・合格発表・合格率の情報/掲示板プログの合格ナビ、通信講座で受験を応援します。
スポンサーリンク
・ユーキャン 解答速報
・東京法経学院 解答速報
・ライセンスメイト 解答速報
・早稲田法科学院 解答速報

測量士試験・測量士補試験
■ 測量士試験・測量士補試験
1.過去問題と解答例
………………………………………………………………………………………………………
2.測量士・補の解答速報
3.測量士・補試験の対策
測量士試験・測量士補試験 支援ツール MENU
4.測量士・補の出題傾向
1.測量士・測量士補試験/過去問題と解答例
5.測量士・補試験の部品集
測量士試験(午前・午後)、測量士補試験で出題された、「過去問」と「解答例」。
6.試験の参考書ランキング
2.測量士・測量士補試験の解答速報 【このページです】
7.測量のフリーソフト
解答速報・試験日程・合格情報などの紹介。測量士試験について、解けない問題でも確率高く正解を絞り込む方法など、多様な解答方式の解答例を紹介。
8.測量の指針・技術書
3.測量士・測量士補試験の対策
より確率高く正解を絞り込むテクニック、計算問題の解答テクニック、覚えておくと得する解答テクニックを具体的に解説。

測量士・補試験の合格率
4.測量士・測量士補試験の出題傾向
試験合格者数/実受験者数
= 合格率%


測量士試験

H11   410 / 4,390 = 9%
H12   390 / 4,030 = 10%
H13   340 / 3,910 = 9%
H14   180 / 3,700 = 5%
H15    80 / 3,290 = 2%
H16   240 / 2,680 = 9%
H17   340 / 2,480 = 14%
H18   210 / 2,420 = 9%
H19   270 / 2,390 = 11%


測量士補試験

H11  4,020 / 23,760 = 17%
H12  4,410 / 21,870 = 20%
H13  4,550 / 19,750 = 23%
H14  2,240 / 18,570 = 12%
H15  2,290 / 17,100 = 13%
H16  3,840 / 15,450 = 25%
H17  3,730 / 13,190 = 28%
H18  2,710 / 11,580 = 24%
H19  2,650 / 11,050 = 24%
測量士試験・測量士補試験の、過去問題の出題傾向を分析しております。
5.測量士・測量士補試験の部品集
試験対策の情報を絞り込み整理し「チェック部品集」として紹介。
受験者のレベルに合わせた、独自の「チェック部品集」としての活用を提案。
6.測量士・測量士補試験の参考書ランキング
測量士試験・測量士補試験のおすすめ参考書と試験問題集を、人気ランキング形式で紹介。
7.測量のフリーソフト
縦断横断測量、路線線形計算、基準点、幅杭、用地測量、平面図、等高線、トラバース、座標計算、クロソイドなど。
8.測量の指針・技術書
測量計算、世界測地系、座標変換、街区基準点、GPS、GIS、リモートセーシング、測量写真など。
………………………………………………………………………………………………………
○ ダウンロード/測量士試験の正統解・乱暴解
【 ダウンロード 無料 】

建設設備 フリーソフト集
・ダウンロード無料です。 「正統解・乱暴解」の内容は、下記のサンプルをご覧ください。
■ 土木建築設備のフリーソフト
○ ダウンロード/測量士補試験の正統解・乱暴解
【 ダウンロード 無料 】
建設総合 PDF・画像
・ダウンロード無料です。 「正統解・乱暴解」の内容は、下記のサンプルをご覧ください。
地質・法面 構造計算
鋼構造 道路・橋梁
………………………………………………………………………………………………………
水理・河川 上下水道
【正統解・乱暴解のサンプル】
測量士試験・測量士補試験
仮設・基礎 測量計算
数量計算 CAD・電納
「正統解」は基本事項に基づいた解答方法で、「乱暴解」は解けない問題でも確率高く正解を絞り込む方法で、出題内容に対応した多様な解答方式で解答例を紹介しています。
施工管理 建築設計
設備工事
以下に紹介するサンプルは、「正統解・乱暴解」を抜粋したものです。
すべての内容は、上の「ダウンロードボタン」からダウンロードして、確認してください。
なお、「正統解・乱暴解」は平成11年〜平成13年の出題問題を解答して、紹介しております。
● 測量士補試験の 「正統解・乱暴解」 例
スポンサーリンク
【 問 A 】

 図7-1のように、起点BP、円曲線始点BC、円曲線終点EC及び終点EPからなる直線と円曲線の道路を組み合わせた新しい道路の建設を計画している。
BPと交点IPとの距離が265.47m、円曲線半径R=200m、交角I=60°としたとき、建設する道路の路線長はいくらか。最も近いものを次の中から選べ。
 ただし、IP、EC及びEPの平面直角座標系における座標値は表7-1のとおりである。
また、√2=1.41、 √3=1.73、π=3.14とする。
1. 209 m
2. 550 m
3. 559 m
4. 581 m
5. 675 m

       表7-1
  点名  X座標(m)  Y座標(m) 
   IP   +632.74   +529.90
   EC   +571.94   +630.02
   EP   +474.94   +803.23
soku2001001.jpg
 ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽   正解 3  ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽


【 正統解 】

  本問は、次の手順で解けばよい。
    @ 接線長TLを計算し、BP〜BCの直線距離を求める。
    A 単曲線長CLを求める。
    B 座標値から、EC〜EPの直線距離を求める。

  チェック部品集《応用測量03》より、
    ○単曲線の公式
     ・接線長:TL=RtanI/2
     ・セカント:SL=R(secI/2-1)    ・中央縦距:M=R(1-cosI/2)
     ・偏角と中心角:δ=L/2R=θ/2   ・弦長と偏角:L=2Rsinδ

  @の接線長TLと、BP〜BCの直線距離は、
    接線長 TL = R × tanI/2 = 200m × tan30゚ = 200m × 1/√3 = 115.61m
    BP〜BCの直線距離 BP〜BC = 265.47m - 115.61m = 149.86m

  Aの単曲線長CLは、2πR / 360゚ = CL / I より、
    CL = 2πR × I / 360゚ = 2 × 3.14 × 200m × 60゚/360゚ = 209.33m

  BのEC〜EPの直線距離は、表7-1の座標値を用い、ピタゴラスの定理より、
    EC〜EP = √(474.94-574.94)^2 + (803.23-630.02)^2
        = √(-100)^2 + (173.21)^2
        = √10,000 + 30,000 = √40,000 = 200m

    《暗算対策》 … 1.41, 1.73, 2.24, は、「2乗せよ」を意味する
                 173.21=√30,000 に気づけば暗算で解ける

  よって、建設する道路の路線長は、149.86m + 209.33m + 200m = 559.19m

  したがって、正解は「3」である。


【 乱暴解 】

  《計算問題は客観的に眺めてみよう》 … 図や表から、何かが見えてくる

    @ 表7-1のXY座標値と、図7-1は整合している。
        → 図7-1は、ほぼ正確に描かれている。

    A 表7-1のXY座標値は、IP、EC、EP の3点だ。
        → 接線長TL、EC〜EPの直線距離を求めろということだ。

    等々が見えてくるはずである。

  ここでは、乱暴に、単曲線を直線と考え、直線距離を求めてみる。

  《計算問題は単純計算から予測》 … 単純計算の結果から、正解を予測する
    直線距離 BP〜IP = 265.47m 、直線距離 IP〜EP = 315.61m
    直線距離の合計 = 581.08m

    あり得ない数値である「1」の 209m は、除外できる。

  《覚えておこう》 … 直線に単曲線が追加されると、距離は短くなる。
    直線距離より大きな値である「4」「5」は、除外できる。

  したがって、「2」「3」に絞り込める。

受験 資格 フリーソフト
総合 TOP ページ
Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
………………………………………………………………………………………………………
− END −